紅・北京~九龍

 Red, Beijing-Jiulong
作家ワン・ジン(王晋)
 Wang Jin
制作年1994
国・地域中国
素材/技法写真
サイズ(高×幅×奥行)17.8×12.3×-
管理番号1200
 1994年4月に、北京郊外の大興県でおこなわれたパフォーマンス。当時、97年の香港の中国返還時の開通を目指して北京駅から香港・九龍駅をつなぐ北九鉄道の建設が進められていた。作者は、その線路に、漢方薬やコーラ、歯磨き粉、靴磨きの油、口紅、マニキュア、洗剤などを混ぜた赤い塗料を200メートルにわたってかけた。香港返還を前に、すでに香港経由で資本主義化は進んでいたが、それは赤色に象徴されるように、堅牢な社会主義下で経済面においてのみ自由化を目指すという矛盾をはらんでいた。ワン・ジンはそれに疑問を投げかけた。

PageTop