東海道五十三次之内 亀山ノ図

分類美術工芸
縦(cm)18.20
横(cm)25.70
時代江戸
作者歌川国貞
解説 歌川国貞(三代豊国)は天明六年に生まれ、元治元年に79歳で死去するまで、文化・文政期の爛熟した庶民文化を代表する美人画の巨匠です。特に嘉永期には彫刷技術は頂点に達し、極彩・細密となりますが、彼の作品は、こうした技術を背景に成り立つのです。
 これは、彼の代表作と考えられる作品で、得意の美人画を背景に、歌川広重の保永堂版の東海道五十三次を使って、それぞれの宿場に応じた扮装で描いたものです。

PageTop