sky undulation

資料名(ヨミ)スカイ アンデュレーション
資料名(E/J)空のうねり
作者井口 雄介 IGUCHI Yusuke
制作年2022
材質鏡面ステンレス
サイズH70×W330×D550cm
重量450kg
作品解説風景は地面や空、動植物や建築物など様々な要素によって成り立っている。風景を構成する要素の一つである空はどこでも見ることができるが、その広大さから立体的にとらえられることは少なく、平面的(背景のように)にとらえられることが多いと感じた。今回の作品は、うねりのように構成された鏡面ステンレスに空が反射し、まるで空が眼下に広がる地形のように見え、雲の動きや空の色がより立体的に体感できる作品となる。


A landscape consists of various components, such as the ground, the sky, flora and fauna, buildings, and so on. While the sky – a component – is ubiquitous, it is seldom captured three-dimensionally because of its scale. It seems the sky is mostly seen as a plane backdrop. This work reflects the sky on the mirror stainless structured in the shape of a wavy surface, presenting the sky as if it is a rolling land, on which the cloud movements and the color of the sky are three-dimensionally captured.


資料ID22307
出展第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)
The 29th UBE Biennale

PageTop