Silver Lining

資料名(ヨミ)シルバー ライニング
資料名(E/J)雲外に蒼天あり
作者909 nine o nine
制作年2022
材質ステンレス、鉄
サイズH380×W318×D200cm
重量400kg
作品解説暗雲の向こう側にある太陽の光を表した"Silver Lining" という言葉には「どんなに悪い状況でもどこかに必ず良いことが隠されている」という意味があります。
かつて煤塵から青空を取り戻すために立ち上がった宇部の人々、その活動によって雲の切れ間から差し込んだ光。私達はそんなまちの歩みに思いを馳せています。

どんなに大変な時でも
きっと どこかに かくれているよ
おこったり 投げ出したり
誰かのせいにしていては それは見つからない
いま みんなが必要なんだ
小さな力をひとつにあつめて
すこしずつ 変えていこう
暗い雲の向こうには
まばゆい光があるのだから

“Silver Lining”, describing the sunshine behind the dark cloud, also means “There is always a good thing hidden beneath a bad situation.”
People of Ube, who rose up to retrieve the blue sky from the polluted air, brought back the light, shining through the clouds. We remember the citizens’ effort forming today’s Ube.

Even in the hardest time,
It is there, hiding somewhere.
If you get angry, give up,
Or blame someone else, you can never find it.
Right now, each one of you is necessary.
Bring together your small powers
To make a difference, step by step.
Beyond the dark clouds,
The bright light always awaits.

資料ID22301
出展第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)
The 29th UBE Biennale

PageTop