ディスタンス

資料名(ヨミ)ディスタンス
資料名(E/J)distance
作者西澤 利高 NISHIZAWA Toshitaka
制作年2022
材質アクリル
サイズH210×W196×D20cm
重量300kg
作品解説少し前から自分自身変わってしまったなと思うことは「距離」の感覚だ。人との距離感、手で触れるものへの距離感、さらに風景との距離感。強制された距離。どんな距離も近くない。狂ってしまった距離感に未だ慣れないうちに、アクリル板越しに眺める向こう側へのアクセス方法とか、自らが仕切りとなっての密接距離とか、辿り着けない薄さの向こう側みたいなものを無色のアクリル板に彫刻した。


There is a change in myself I came to realize recently – the change in my sense of “distance.”
The sense of distance with people, distance with things we touch, and distance with scenery – they are all forced and not close. While my sense is not completely used to the distorted distances, I engraved how to access the other side of the acrylic board, closeness achieved by myself functioning as a partition, or the unreachable other side beyond the thinness on colorless acrylic plates.


資料ID22299
出展第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)
The 29th UBE Biennale

PageTop