今、門前で佇み思うこと <模型>

資料名(ヨミ)イマ、モンゼンデタタズミオモウコト
資料名(E/J)What I'm thinking in the presence of the gate now *model
作者樋口 恭一 HIGUCHI Kyoichi
制作年2021
材質花崗岩 木
作品解説図書室で何気無く手にとったカフカ。もっとも短そうに思えた「掟の門」。
不思議な寓話。強力の門番?田舎者?掟とは?
あれから何年の月日が経ったのだろうか。
2021年。巨大な門がそれぞれの人の眼前にそれぞれの形で聳えている。
今、その巨大な幻想の門前で僕たちは立ち留まり佇み、そして、思っている。
資料ID22289
出展第29回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)、入選プラン
The 29th UBE Biennale - Excellent Sculpture Plan

PageTop