はじまりのはじまり<模型>

資料名(ヨミ)ハジマリノハジマリ
作者三宅 之功 MIYAKE Shiko
制作年2018
設置場所
作品解説1出品作品コンセプト
大地に飛来した草花の種子は、根を張り子孫を残す。それは単なる偶然
ではなく、時間、気候、風向きなど全ての条件が整った結果である。
我々人間も世界中で自然発生的に生まれ、暮らしているように見えるが、
その時、その場所での必然である。
この作品は、動植物に共通する「奇跡の誕生」を現したものである。
やがて様々な植物が寄り集まり、緑の卵となって成熟していくだろう。
今は、はじまりのはじまり。

The seeds of wildflowers that drift to earth, put down roots and leave
offspring behind. This is not coincidence, but a result of all
conditions, time, weather, and wind direction, being perfect. We
humans seem like we were spontaneously born and now live around the
world, but we were inevitable and necessary for that place and that
time.
This work expresses the “miracle birth” that both animals and plants
have in common. Perhaps before long various plants will gather
together, became a green egg, and mature. Now is the beginning of the
beginning.

2鑑賞する子供たちへのコメント
卵は命のはじまり。「その命のはじまりに草が生えて、またあたらしい命がうまれたらおもしろいなぁ」と考えた。
草は勝手に生えているように見えるけど、本当は勝手に生えてくるのではない。「風にのって飛んできた草のタネが、宇部のこの卵に、この日に飛んできて、芽が生える確率は?」って考えるとほとんど神わざ。
その奇跡の誕生は、私たち人間も同じ。
この卵はうまれたての、はじまりのはじまり。

The egg is the origin of life. I thought, “It would be interesting if
grass grew on that origin of life, and new life was born again.”
Grass seems like it grows wherever it likes, but it doesn’t. If you
think, “What are the chances of grass seeds carried by the wind,
coming to this egg in Ube today and sprouting?” it would almost be a
miracle.
That miracle birth, is the same for us humans.
This egg is freshly laid, the beginning of the beginning.
資料ID21822
出展第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)、実物制作指定作品プラン

PageTop