寄り添う座

資料名(ヨミ)
資料名(E/J)Seats in Intimate Juxtaposition
作者増田 正和 MASUDA Masakazu
制作年1976
設置場所ときわ公園・噴水池付近
材質石(花崗岩)
サイズ318×210×60cm
重量
作品解説二枚の座ぶとんが、かすかに重なっているだけだが、緑の芝生の上に設置して生かされると素材が石であることさえ忘れさせ、いったい誰がすわる座なのかと、想像力やインスピレーションをかき立てられる。主なき二人の座?とは。作者もいまや亡き人になってしまった。

The work consists of nothing more than slightly overlapping two cushions, but its lively presence on a green lawn makes you forget about its stony texture, as it tugs at your inspiration and imaginations as to who is supposed to sit on it. What does it mean, seats for the two without the seaters? Now the answer is forever lost along with the late sculptor.
資料ID21493
出展第5回神戸須磨離宮公園現代彫刻展、宇部市野外彫刻美術館賞
旧番号59
所蔵者

PageTop