敗荷鴛鴦図

資料名(よみ)はいかえんおうず
作者名幸野楳嶺
作者名(よみ)こうのばいれい
年代明治
時代明治時代
世紀19~20
数量一幅
素材絹本著色
法量155.3×85.8
解説敗荷(はいか)(吹き破れた蓮)に囲まれた岸辺には、番の鴛鴦が寄り添っている。画中には、月光を表すかのように水面に金泥が掃かれている。降り注ぐ牡丹雪は月光のあたる部分と影になる部分を胡粉と銀泥とで描き分けている。
絵画流派円山・四条派
受入年度S.61購入
所蔵館敦賀市立博物館
大分類美術
中分類近代絵画
小分類日本画
資料No.0034

PageTop