伊勢図

資料名(よみ)いせず
作者名土佐光起
作者名(よみ)とさみつおき
年代江戸前期
時代江戸時代
世紀17
数量一幅
素材絹本著色
法量100.9×37.5
解説『古今和歌集』巻第17雑歌上を典拠とする「竜門にまうでてたきのもとにてよめる 伊勢/たちぬはぬ/きぬきし人もなきものを/なに山姫のぬのさらすらむ」の和歌を絵画化したもの。本図は和歌の名手である伊勢が、竜門(奈良県吉野)の滝に参り一首を詠じる姿が品格のある様に描かれている。
印章「光起之印」白文方印
落款土佐左近衛将監光起筆
絵画流派土佐派
受入年度H.11購入
所蔵館敦賀市立博物館
大分類美術
中分類近世絵画
小分類日本画
資料No.0247

PageTop