紅葉白鹿図

資料名(よみ)こうようはくろくず
作者名円山応挙
作者名(よみ)まるやまおうきょ
年代江戸中期
時代江戸時代
世紀18
数量一幅
素材絹本著色
法量110.0×49.7
解説紅葉の傍らに佇む美しい白鹿を描いたもの。紅葉は一葉ごとに濃淡をつけて克明に表出されている。白鹿は品格が漂いその毛並みは細筆を用いて緻密に描かれている。
絵画流派円山・四条派 
受入年度H.5購入
所蔵館敦賀市立博物館
大分類美術
中分類近世絵画
小分類日本画
資料No.0122

PageTop