竹に雀図・朝日干網図扇面

資料名(よみ)たけにすずめず・あさひほしあみずおうぎめん
作者名一宮長常
作者名(よみ)いちのみやながつね
年代江戸中期
時代江戸時代
世紀18
数量一本
素材紙本墨画
解説〔竹に雀図〕竹林に飛翔する一羽の雀が描かれた瀟洒(しょうしゃ)な風情を感じさせる作品。款記により長常が越前守を叙した晩年の作と知れる。〔旭日に干網〕海原に広がる干網(ほしあみ)の景が朝日と共に描かれている。
絵画流派円山・四条派
受入年度S.58購入
所蔵館敦賀市立博物館
大分類美術
中分類近世絵画
小分類日本画
資料No.0017

PageTop