正福寺の石造阿弥陀如来立像

正福寺の石造阿弥陀如来立像

西暦年(世紀)・月・日1661年3月20日
元号年(時代)・月・日万治4年3月20日
登録・指定登録文化財
種別有形民俗文化財
ふりがなしょうふくじのせきぞうあみだにょらいりゅうぞう
員数1躯
所蔵者宗教法人 正福寺
資料所在地墨田2-6-20 正福寺
解説 舟形光背を持つ阿弥陀如来立像です。かつては成林庵の参道あるいは門前の路上に建てられていたといわれ、現在は正福寺の境内に安置されています。尊像の左右には62名の人々の名前が刻まれていますが、それらの大部分は女性です。女性中心の念仏講が、供養を目的として建立したものと思われます。区内では石造の阿弥陀如来像の発見例が少ないため、貴重な文化財の一つです。また、女性中心の講中が建立したと考えられる点も重要です。

PageTop