銅造榎本武揚像

銅造榎本武揚像

西暦年(世紀)・月・日1913年5月
元号年(時代)・月・日大正2年5月
登録・指定登録文化財
種別有形文化財(彫刻)
ふりがなどうぞうえのもとたけあきぞう
員数1躯
所蔵者墨田区
資料所在地堤通2-6-10 区立梅若公園内
解説 榎本武揚(1836~1908)は幕臣の子として生まれました。幕末における箱館戦争の中心人物として投獄されましたが、後に赦免され明治時代は文部大臣、外務大臣などを歴任しました。晩年、向島に在住した関係から、牛嶋学校の扁額や墨堤植桜之碑の篆額(いずれも墨田区登録文化財)などを揮毫(きごう)しました。
 本像は、武揚没後の大正2年(1913)5月に木母寺の旧境内である現在地に建てられました。ブロンズ製で、南を向き右足をやや前方に出して立ち、大礼服姿で荘重な趣を呈しています。面貌、髪、大礼服、装飾品それぞれに質感がよく表現され、外形描写に優れた細部彫刻がなされています。建設委員は中鉢義明、緒明圭造、本田義成、江原素六ら8名で、建設者には大隈重信や大倉喜八郎、渋沢栄一、益田孝など24名の政財界を代表する人物が名を連ね、日本鉱業会、東京地学協会が協力し、建立されました。原型作者は田中親光と藤田文蔵、鋳造者は平塚駒次郎です。

PageTop