「勝川春英翁略傳」の碑

「勝川春英翁略傳」の碑

西暦年(世紀)・月・日1825年10月
元号年(時代)・月・日文政8年10月
登録・指定登録文化財
種別有形文化財(歴史資料)
ふりがな「かつかわしゅんえいおうりゃくでん」のひ
員数1基
所蔵者宗教法人 長命寺
資料所在地向島5-4-4 長命寺
解説 本碑は、浮世絵師勝川春英の七回忌の際に門人たちにより建碑されました。碑石は安山岩製で、保存状態は良好です。題額「勝川春英翁略傳」と撰文は江戸時代後期の国学者石川雅望によるもので、春英の生涯と人物像が記されています。
 勝川春英は、宝暦12年(1762)に生まれ本名を磯田久次郎といい、新和泉町(現中央区日本橋)に住し久徳斎と号しました。勝川春章の門人で、安永7年(1778)から作品を発表しはじめ、兄弟子春好の病後は勝川派を牽引しました。春英の相撲絵や役者絵は、人物の個性を生かした表現で東洲斎写楽や初代歌川豊国に影響を与えたと今日では評価されています。文政2年(1819)春英は数え58歳で没し、浅草本願寺の善照寺に葬られました。なお勝川派には後に北斎を名乗る春朗がおり、春英は兄弟子にあたります。

PageTop