割羽織

資料解説背縫いの下半分を、縫い合わせず裂けたままの形にしたもの。主に武士が乗馬のときなどに用いた。
【資料番号 服143】

PageTop