八千代の松図巻

資料解説藩の絵師・三村自閑斎の作品。上・下巻の二巻からなる。上巻は松代城の様子からはじまり、城下やその周辺の景色を描く。下巻では、姨捨山や善光寺、戸隠山など信濃の名所が季節の移り変わりとともに描かれている。
【資料番号 書30-1】

PageTop