文琳之茶入

資料解説武田信玄の遺物と伝わる。真田家はこの茶入を大切にし、吉光の短刀(資料番号 刀8)とともに保存していた。享保年中に火災にあい、その痕跡をのこしている。
【資料番号 茶特】

PageTop