昭和12年頃建設中の玉電ビル(東横DP屋上から西方面)

地域道玄坂
テーマ町並み・建物・道
年代昭和初期(戦前)
お問合せ番号CP14_118
解説写真手前には、建設中の玉電ビル、左上には同じく建設中の東京高速鉄道(現在の東京メトロ銀座線)の高架と車庫が見えます。車庫にはすでに車両が運び込まれているのが見えます。車庫の横を走る玉電は、玉電ビルが完成すると、その二階に乗り入れるようになります。また、右下には市電の姿、右上には帝都電鉄(現在の京王井の頭線)の渋谷駅も見えます。渋谷駅周辺が大きく変わり始めた頃の写真です。

PageTop