レースを着る女

作家/Artist児島善三郎 KOJIMA, Zenzaburo
分類洋画
制作年1925-28
技法・材質油彩・カンヴァス
サイズ(cm)100.1×65.5  
 児島は1925年から1928年まで滞欧したが、その間、初歩からやり直す心境で洋画の基礎を学んだ。彼が心ひかれたのはルネサンス絵画の格調の高さで、とりわけヴェネツィア派のティツィアーノやティントレットの作品に魅了された。本作品はこの滞欧期の作品だ。灰色の背景や身にまとった黒のレースによって、女性の素肌の美しさが際立って強調されている。そして量感あるモデルの身体の表現には、ヨーロッパの古典絵画から学び取った成果が表れている。(当館学芸員 内村周)
TitleWoman in Lace
CategoryWestern-style Painting
Year1925-28
Method and Materialoil on canvas
Dimensions100.1 x 65.5   cm
台帳番号/Registration No.0028
受入年度/Acquisition Date1971年度

PageTop