鶴岡政男

作家名(ヨミ)つるおか・まさお
作家名(英語表記)TSURUOKA,Masao
生年月日(西暦)1907
生年月日(和暦)明治40年
没年月日(西暦)1979
没年月日(和暦)昭和54年

略歴・解説

1907年(明治40)、群馬県高崎市に生れる。1922年(大正11)、太平洋画会研究所に入り、靉光や井上長三郎らと交友する。1928(昭和3)、第3回1930年協会展に入選。同年、太平洋画会研究所を除名となり、井上長三郎らと洪原会を結成。1930年(昭和5)、NOVA美術協会の結成に参加。左翼運動に一時加わるも、運動に失望し離れる。1937(昭和12)、官憲の干渉が強まる中、NOVA美術協会を解散。応召して中国に出征、40年に帰還。その後、美術文化協会展や二科展に出品。1943年(昭和18)、靉光、麻生三郎、松本竣介らと新人画会を結成。1945年、空襲で作品の大半を失う。1947年(昭和22)、自由美術家協会の会員となり、他にも美術団体連合展、日本美術会アンデパンダン展に出品。1950年(昭和25)、戦後の代表作となる《重い手》を個展で発表。ヒューマニズムを根底に、戦後の混迷する人間と社会を形象化した作品で注目された。1953年(昭和28)、第2回サンパウロ・ビエンナーレ展に出品。翌54年の第1回現代日本美術展で佳作賞を受賞したのをはじめ、1963年(昭和38)の第7回日本国際美術展で優秀賞、1965年(昭和40)第8回日本国際美術展で国立近代美術館賞、1966年(昭和41)の第7回日本現代美術展では神奈川県立近代美術館賞を受賞した。1979年(昭和54)、東京で没。

この作家の作品一覧[全3件]

件ずつ表示

PageTop