山田守

人物名(ヨミ)ヤマダマモル
生年月日(西暦)1894
生年月日(和暦)明治27年
没年月日(西暦)1966
没年月日(和暦)昭和41年

略歴・解説

岐阜県羽島市出身の建築家。東京帝国大学工科大学に入学し、同級の学友と「分離派建築会」を結成、建築家としてのキャリアをスタートさせた。卒業後は逓信省に入り、各地の電信局・電話局・病院の設計を担当した。退官後は東海大学工学部の教授に着任。自らの設計事務所を設立し、「日本武道館」「京都タワー」、東海大学の校舎など数多くの建物を設計した。当館(野田市郷土博物館)は昭和34年(1959)竣工の山田守晩年の作の一つ。校倉造風のユニークな外観をもつほか、ゆるやかな曲線の使用や通風・採光への配慮など、山田建築ならではの特徴もみられる。

この人物の資料一覧[全1件]

PageTop