櫻田精一

人物名(ヨミ)サクラダセイイチ
生年月日(西暦)1910
生年月日(和暦)明治43年
没年月日(西暦)1999
没年月日(和暦)平成11年

略歴・解説

熊本県出身の洋画家。20歳のときに日本美術学校西洋画科本科に編入し、大久保作次郎、小島善太郎に師事した。卒業後、韓国の小学校で教員をする傍ら、昭和8年には朝鮮美術展覧会にて特選昌徳宮賜賞を受賞した。昭和13年に教職を退き、画家に専念するために東京に移り住む。昭和14年には現代美術展で現代美術賞を受賞し、注目を集めるが戦争の激化により、昭和19年(1944)に千葉県東葛飾郡川間村(現・野田市)に疎開。昭和22年に野田の上花輪にアトリエを建設して移り住み、ここを終の棲家とした。同年、渡辺阿以湖、須田青蒲、栗林丈、小野具定らと「丁亥会」を結成し、黎明期の当地美術界を牽引。また日展参与、千葉県美術会常任理事などを務めた。昭和61年には自宅敷地内に私設美術館「鳩聚苑ギャラリー」を開設し、作品や自身で収集した陶磁器等のコレクションを展示した。

この人物の資料一覧[全1件]

PageTop