ウィーン郵便貯金局の椅子(アームチェア No.247P)  Arm Chair for Post Office SavingBank at Vienna(Arm Chair No.247P)

別名ウィーン郵便貯金局の椅子/アームチェア No.247P/Arm Chair for Post Office SavingBank at Vienna/Arm Chair No.247P
制作/発行オットー ワーグナー (designer)/ゲブリューダ・トーネット (製造)/ヤコプ&ヨーゼフコーン(オーストリア) (製造)
制作年1902/00/00
制作場所オーストリア
寸法(幅、横)570.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)720.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)580.00
寸法(奥行き)単位mm
材質ブナ材/革張り/Beech/Leather/曲木/Bentwood
解説オットー・ワグナーはウィーンの都市改造や鉄道計画を行った建築家であり、都市計画家でもある。彼はアール・ヌーヴォー様式や当時の最新の素材であるアルミニウムやガラスを用いて多くの建築を設計をしていた。ウィーンにある郵便貯金局の会議室で使われる椅子としてこの椅子はデザインされた。角材の曲木で脚やアームの手当たり部分に真鍮板をはり、背あたりに曲面をつくり、丸い穴を開けて装飾性を持たせている。モダニズムの基礎を築いた建築家も伝統的な装飾の有用性から思いきってぬけでなかったのかもしれない。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号198401000100

PageTop