No.14/カフェチェア(サイドチェア No.214P) No.14/Cafe Chair(Side Chair No.214P)

別名No.14@カフェチェア/サイドチェア No.214P/No.14@Cafe Chair/Side Chair No.214P
制作/発行ミヒャエル トーネット (designer)/ゲブリューダ・トーネット(ドイツ) (製造)
制作年1859/00/00
制作場所オーストリア
寸法(幅、横)410.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)860.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)520.00
寸法(奥行き)単位mm
材質ブナ材/布張り/Beech/Fabric/曲木/Bentwood
解説14番という名前からもわかるように、トーネット社で作られた最初の椅子というわけではない。木を蒸して曲げるという技術に付け加え、量産方式を開発しデザインされた椅子である。この椅子は合計6つの部材から構成されている。その内訳は後脚から背の笠木にかけての大きなU字形の部分、その中に入る背あたりの小さなU字形、座枠に編んで張った籐、円形の貫、そして前脚2本となる。初号がつくられてから150年近くたった現在までに推定2億脚以上が生産されているといわれる。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号200201000100

PageTop