オリバーゴールドスミス(アームチェア) Oliver Gold Smith(Arm Chair)

別名オリバーゴールドスミス/アームチェア/Oliver Gold Smith/Arm Chair
制作/発行不詳 (designer),(製造)/スチュワートリンフォード (製造)
制作年代1774頃
制作場所イギリス
寸法(幅、横)625.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)985.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)556.00
寸法(奥行き)単位mm
材質イチイ材/ニレ材/Yew/ Elm
解説ウィンザーチェアがテムズ川沿岸のハイウィンカムを中心に大量に作られ、ロンドンという大きな市場で大衆化していったのは18世紀後半であるが、この椅子はそれよりも少し早くから存在したモデルである。たしかに座は円形でウィンザーにしては華奢な印象をあたえるが、ある研究者によれば、この椅子にはウィンザーチェアに長年に渡って継承されてきた要素が数多く含まれている。ちなみに、この名の由来はデザイナーでも製造者でもなく、たまたまこの椅子を所有していた著名人の名前が残った珍しいケースである。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号200105000300

PageTop