シェーカーチェア J39(サイドチェア J39) Shaker Chair J39(Side Chair J39)

別名シェーカーチェア J39/サイドチェア J39/Shaker Chair J39/Side Chair J39
制作/発行ボーエ モーエンセン (designer)/F.D.B(デンマーク) (製造)/クヴィスト (製造)
制作年1944/00/00
制作場所デンマーク
寸法(幅、横)480.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)730.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)520.00
寸法(奥行き)単位mm
材質オーク材/紙紐編み/Oak/Papercord
解説これはモーエンセンがデンマーク生活協同組合の家具部門「F.D.B」所属していた時のデザインである。シェーカーチェアより受けた強い影響は、その名からもうかがい知ることができるであろう。シェーカー家具はつくりやすく丈夫で、プロポーションも美しいものである。この考え方が協同組合のと合っていた。座の部分は当初はわらひもでそれが紙ひもに変わり、その後革張りのデザインもある。編み方は地中海沿岸の農民が何百年も前から編んでいる方法を取り入れた。その編み方は痛んだら修理ができ、合理的である。歴史を持つ道具とは手直しがきき、使い込んだときによい風合いが出て愛着がわくものである。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号199624000100

PageTop