ピーコックチェア(イージーチェア No.550) Peacock Chair/Arrow Chair(Easy Chair No.550)

別名ピーコックチェア/イージーチェア No.550/Peacock Chair@Arrow Chair/Easy Chair No.550
制作/発行ハンス ウェグナー (designer)/PPメブラー (製造)/ヨハネス・ハンセン(デンマーク) (製造)
制作年1947/00/00
制作場所デンマーク
寸法(幅、横)780.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)1065.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)755.00
寸法(奥行き)単位mm
材質トネリコ/チーク/紙紐編み/Ash/Teak/Papercord
解説ウインザーチェアをデザインのモチーフとし、背の丸棒の中央に平らな部分をつくり、その名のとおり孔雀の羽根を広げたようなフォルムを持った椅子である。ピーコックという名は、ハンス・ウェグナーの友人であったフィン・ユールがつけた。また背のスポークが弓矢の形に似ていることから「アローチェア」とも呼ばれる。材料にトネリコを使用し、漂白し、無公害のソープフィニッシュ仕上げでよりいっそう軽さを出している。座はペーパーコードで編み、アームに汚れが目立たないようにチーク材を使って木の色のコントラストを出しているタイプもある。背の外周は当初成形合板であったが、現在は曲木でつくられている。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号199421000200

PageTop