ワイヤーコーンチェア(サイドチェア No.8800) Wire Cone Chair(Side Chair No.8800)

別名ワイヤーコーンチェア/サイドチェア No.8800/Wire Cone Chair/Side Chair No.8800
制作/発行ヴェルナー パントン (designer)/プラス・リンジェ(デンマーク) (製造)/フリッツ・ハンセン(デンマーク) (製造)
制作年1960/00/00
制作場所デンマーク
寸法(幅、横)740.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)760.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)620.00
寸法(奥行き)単位mm
材質スチールロッド/布クッション/Steel-rod/ Fabric cushion
解説アイスクリームを入れるコーンカップに似ているところからコーンチェアと名づけられた。全体が金属でつくられていて荷重を中心一箇所で受けとめ支え、回転できるようになっている。技術的に難しいが、現在もフリッツ・ハンセン社で商品化されている。パントンは幾何学的な形態と円や直線を組み合わせ金属やプラスチックを主として使い、木を使うことは少ない。そのためにデンマークでは批判を受けることもあったが、デンマーク家具の幅を広げた一人であり、国際派作家として評価も高い。単に家具だけではなく建築や照明、テキスタイルなど多種多様な
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号199203000100

PageTop