DSS(サイドチェアNo.DSS) DSS(Side Chair No.DSS)

別名DSS/サイドチェアNo.DSS/DSS/Side Chair No.DSS
制作/発行チャールズ イームズ (designer)/ハーマン・ミラー(アメリカ) (製造)
制作年1950/00/00
制作場所アメリカ
寸法(幅、横)590.00
寸法(幅、横)単位mm
寸法(高さ、縦)810.00
寸法(高さ、縦)単位mm
寸法(奥行き)550.00
寸法(奥行き)単位mm
材質スチールパイプ /強化プラスチック/Steel-pipe/ FRP
形状連結/スタッキング /Ganging/Stacking
解説この椅子は、世界で最初にFRPでつくられ量産された椅子である。座の表面にはグラスファイバーの長い繊維が見えるが、それをひとつの装飾として見ることもできる。横方向に並べて使うときに、列が乱れないように左右の椅子同士を連結出来るギャンギングの構造も、史上初の試みと言ってよいほどの完成度であった。またスタッキングしたときには、上からの荷重がその連結金具にかかり、座面が直接重ならず、傷つけないようになっている。プラスチック製のグライドを足の先に付けて床との接地面を広くし、金属パイプの脚が床を傷つけずに移動出来るようになっている。
所蔵館武蔵野美術大学 美術館・図書館
所蔵館整理番号196901000100

PageTop