正面

飛青磁 花生

登録番号00556
作品名(よみ)とびせいじ はないけ
時代1元時代
時代214世紀
高(cm)27.4
龍泉窯
指定物件国宝
コレクション名安宅コレクション
撮影三好和義
作品解説釉上に鉄斑を散らした青磁は、日本では「飛青磁」と呼ばれ、茶人らに好まれてきました。この作品はその中でも釉色・鉄斑の現れ方ともに優れた作例のひとつです。この瓶は俗に「玉壺春」と呼ばれる器形です。ほっそりした頸と豊かに膨らんだ胴部が好対照をなして、見事な均整美を見せています。高台は畳付から5ミリほど釉を削っており、露胎部は濃い赤褐色となっています。鴻池家伝来品であり、類品がイギリスのヴィクトリア&アルバート美術館とスイスのバウアー・コレクションなどに見られます。

PageTop