江戸名所 虎門金毘羅

大分類浮世絵
作者名歌川広重(二代)
制作年月日文久3年(1863)
解説江戸城三六城門の一つである虎ノ御門(千代田区霞が関)は、明治6年(1873)に撤去されましたが、地下鉄の駅名や港区の町名として残っています。画中手前の人で賑わっている辺りは虎ノ門外の金比羅宮です。左側から中央に向けて上る坂は葵坂で、坂道に面して松平肥前守屋敷(佐賀藩鍋島邸)が描かれています。
サイズ(cm)26.0×37.5
テーマ港区の風景
ポイント虎ノ門 葵坂

PageTop