東京名所三十六戯撰 芝飯倉

大分類浮世絵
作者名昇斎一景
製作者・出版者万屋孫兵衛
制作年月日明治5年(1872) 3月
解説芝飯倉の湯屋でくつろぐ、風呂上がりの客たち。茶を飲もうとする者、階下の客へ茶をこぼす者、海を見渡す者など、さまざまです。作者の昇斎一景は明治初めに活躍した絵師で、見た人の笑いを誘う戯画を得意としました。名所をテーマに滑稽な人々の姿を描くシリーズの一つです。
サイズ(cm)37.7×27.0
テーマ人々のいとなみ
ポイント芝飯倉 湯屋の客

PageTop