名所江戸百景 芝うら乃風景

大分類美術
作者名歌川広重
製作者・出版者魚屋栄吉
制作年月日安政3年(1856)2月
解説将軍家の別荘である御浜御殿(現浜離宮)の沖から芝浦を見る図です。白い鳥はユリカモメ、左の海上には台場も描かれています。木の杭は浅瀬であることを示す澪標です。芝浦とは芝の前面の海という意味です。徳川家康が海路から江戸に入る際に手助けした功績により、〈船が動けるところならば、どこでも漁業をしてよい〉というお墨付きを得たとされます。
サイズ(cm)37.3×25.3
テーマ港区の風景
ポイント芝浦

PageTop