東京高縄品川口蒸気車往来之図

大分類浮世絵
作者名歌川豊国(四代)
製作者・出版者古買屋勝五郎(ゑかつ)
制作年月日明治5年(1872)10月
解説明治5(1872)年9月12日の新橋・横浜間の鉄道開通に先駆け、同年5月7日には先に工事が終わっていた品川・横浜間で仮営業が開始されました。本図は7月の制作で、開業間もない品川停車場とその周辺の賑わいが描かれています。画面右、ひときわ目を引く白い塔のようなものは信号機だと考えられます。赤と白に塗り分けられた腕木がつけられ、列車側から見て左の腕木がその列車に対する合図でした。
サイズ(cm)36.0×73.0
テーマ鉄道
ポイント品川八ツ山

PageTop