東京高輪真景蒸気車鉄道之図

大分類浮世絵
作者名歌川広重(三代)
製作者・出版者若狭屋甚五郎
制作年月日明治6年(1873)2月
解説鉄道側から海岸方面を見た珍しい構図の作品。海岸側にも石積みがなされていることが確認できます。画面左には「万松山泉岳寺」の文字と中門が見えます。現在の泉岳寺付近の景色と比較してみると、非常に海と近い距離であったことに驚かされるでしょう。あなごを扱う料理屋も立ち並び、人通りも多くにぎやかな様子です。画面右の山のようなものは、江戸の南の出入り口であり、治安維持と交通規制の役割を担った要衝、高輪大木戸の跡です。
サイズ(cm)37.0×74.5
テーマ鉄道
ポイント高輪築堤

PageTop