海野遊翁

分野分類 CB宗教学・神道学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
大分類国学関連人物データベース
タイトル海野遊翁
+ヨミガナ / NAME / 性別ウンノ ユキノリ(ユウオウ) / UNNO YUKINORI(YUUOU) / 男
+小見出し松江藩士のち幕臣
+別名
+別称〔姓〕滋野 【和】
〔称〕源兵衛 【和】
〔名〕幸典 【和】
〔号〕柳園 【和】
[法号]花月院好山遊翁居士 【国2】
+生年月日寛政6年<1794>11月14日 【国続】
+没年月日嘉永元年<1848>11月11日 【国2】
+享年55歳 【国続】(一説に、60歳 【和】)
+生国・住国江戸 【和】
+生国・住国(現在地名)
+生国
+生国(現在地名)
+住国
+住国(現在地名)
+墓地名牛込早稲田宗参寺 【国2】
+墓地現在地
+学統前場黙軒 【和】
+典拠国伝2,国伝続,国書人名辞典,和学者総覧.1720
+解説目次
+解説
+特記事項
+参考文献
+史資料学統〔編者補〕
前塲黙軒―海野幸典―仲田顕忠・清水謙光・千家尊孫

〔古学下〕
 小澤盧庵ノ風ヲ慕ヒ、其門人前波黙軒ノモトニ名簿ヲオクリテ、何クレノコトゞモ問ヒ質シケリ。後ノ世ノフリヲハナレテ、上ナル世ノ高キ姿ヲ尊ミ、タゞ眞心ヨリヨミ出ルヲムネトシテ、ソノオモムキヲ得タルノミナラズ、詞ノハタラキ、手ニヲハノトトノヒマデ、クハシク学ビ極メラレテ、天言活用図、五十音口訣ナドアラハセリ。マタ鈴屋翁ノ学風ヲ慕ハレ、皇ノ書ヨムコトヲモ好ミタレド、後ニハタゞ歌ヨムコトノミ専ラトセリ。紀朝臣某君ヲハジメトシテ、近キワタリノ人々ハ、イフモサラナリ、遠キ國々ヨリモヲシヘヲウクルモノ、年ニソヒ月ニマサリテ、カゾヘツクシガタクオホカレド、少モウムコトナク、ネモゴロニヲシヘサトシケレバ、人皆ヨロコビシタガヒケリ。
+史資料〈著作〉
+史資料〈碑文〉
+史資料〈その他〉
+辞書類古学,国書,和歌,国史,大事典,名家
+和学者カード
-40409 国学関連人物データベース 36 1 CKP000069 海野遊翁 UNNO YUKINORI(YUUOU) 海野遊翁 UNNO YUKINORI(YUUOU) , 1720 小伝 国伝 全 36000 2009/05/15 kouju108 2020/10/19 teshina 本登録 0 松江藩士のち幕臣 男 ウンノ ユキノリ(ユウオウ) / UNNO YUKINORI(YUUOU) / 男 うんの ゆきのり,ゆうおう,滋野,源兵衛,幸典,遊翁,柳園,花月院好山遊翁居士 ウンノ ユキノリ(ユウオウ) 〔姓〕滋野 【国2】 〔称〕源兵衛 【国2】 〔名〕幸典 【書】 〔号〕柳園 【国2】 [法号]花月院好山遊翁居士 【国2】 〔姓〕滋野 【和】
〔称〕源兵衛 【和】
〔名〕幸典 【和】
〔号〕柳園 【和】
[法号]花月院好山遊翁居士 【国2】 44149 寛政6年<1794>11月14日 【国続】 11月11日 嘉永元年<1848>11月11日 【国2】 55歳 【国続】(一説に、60歳 【和】) 1794 - 1848 武蔵国 武蔵江戸 東京都 江戸 【和】 江戸 【和】 牛込早稲田宗参寺 【国2】 前場黙軒 【和】 前場黙軒 【和】 国伝2,国伝続,国書人名辞典,和学者総覧.1720 学統〔編者補〕
前塲黙軒―海野幸典―仲田顕忠・清水謙光・千家尊孫

〔古学下〕
 小澤盧庵ノ風ヲ慕ヒ、其門人前波黙軒ノモトニ名簿ヲオクリテ、何クレノコトゞモ問ヒ質シケリ。後ノ世ノフリヲハナレテ、上ナル世ノ高キ姿ヲ尊ミ、タゞ眞心ヨリヨミ出ルヲムネトシテ、ソノオモムキヲ得タルノミナラズ、詞ノハタラキ、手ニヲハノトトノヒマデ、クハシク学ビ極メラレテ、天言活用図、五十音口訣ナドアラハセリ。マタ鈴屋翁ノ学風ヲ慕ハレ、皇ノ書ヨムコトヲモ好ミタレド、後ニハタゞ歌ヨムコトノミ専ラトセリ。紀朝臣某君ヲハジメトシテ、近キワタリノ人々ハ、イフモサラナリ、遠キ國々ヨリモヲシヘヲウクルモノ、年ニソヒ月ニマサリテ、カゾヘツクシガタクオホカレド、少モウムコトナク、ネモゴロニヲシヘサトシケレバ、人皆ヨロコビシタガヒケリ。 ・海野遊翁 「柳園家集」(国民図書株式会社編 『校註国歌大系』18, 講談社, 1976.10)
・森敬三 「海野幸典の研究」(『幕末歌壇の研究』, 楽浪書院, 昭和10)
・井上通泰 「海野遊翁の歌」(『南天荘次筆』, 弘文荘, 昭和11)
・中山緑朗 『動詞研究の系譜』(明治書院, 1999.11)
・中澤伸弘 「近世後期歌人仲田顯忠の人と學問(其の2)」(『皇學館論叢』38-2, 2005)
・三木幸信 『義門の研究』(風間書房, 1963)
・『名人忌辰録』(芳賀登ほか編 『日本人物情報学大系』57, 皓星社, 2000.10)
・犬養廉編 『和歌大辞典』(明治書院, 1986.3) 古学,国書,和歌,国史,大事典,名家 天言活用図附活用図解及活用口授,天言活用図安良麻之(天言活用安良麻氏),五十音口訣,遊翁随筆,現存歌選(現存歌選/類題),たゞごと歌の辨,柳園家集[慶著.和] 史資料 寛政(1789-1801) 享和(1801-1804) 文化(1804-1818) 文政(1818-1830) 天保(1830-1844) 弘化(1844-1848) 嘉永(1848-1854)

PageTop