戸田 茂睡

分野分類 CB宗教学・神道学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
大分類国学関連人物データベース
タイトル戸田 茂睡
+ヨミガナ / NAME / 性別トダ モスイ / TODA MOSUI / 男
+小見出し岡崎本多家に仕
+別名
+別称〔姓〕渡辺 【和】
〔称〕八兵衛・茂右衛門 【和】
〔名〕恭光 【国1】馮 【和】
[戒名]馮雲寺殿打山茂睡大居士 【国1】
〔号〕露寒軒・梨本・隠家・不索橋 【国1】遺佚軒・不忘庵・最忍法師・茂妥・老茂・馮雲軒 【和】憑雲寺 【書】
+生年月日寛永6年<1629>5月19日 【書】
+没年月日宝永3年<1706>4月 14 【国1】
+享年78歳 【国1】
+生国・住国
+生国・住国(現在地名)
+生国駿河府中 【和】
+生国(現在地名)
+住国江戸 【和】
+住国(現在地名)
+墓地名浅草金龍寺(今ハ墓標ナシ) 【国1】
+墓地現在地
+学統竹内惟庸・清水谷実業・山名玉山
+典拠国伝1,国書人名辞典,和学者総覧.6808
+解説目次
+解説
+特記事項
+参考文献
+史資料〔古学 上〕
或書云(中略)梨本集ノ末ニ、元禄十一戊寅年五月日、露寒軒入道、梨本隠家撰之トアリ。其跋文ニ、此一冊ハ、梨本茂睡ガ作也。庵ノ前ニ、山梨木一本有シユエ、梨本トイフトゾ。乞食ノヤウニイヘドモ、此書ヲ見レバ、非人トモイハレズ。狂人カトイヘドモ、猥ナル行跡ナシ。常ニ筆ヲ友トシテ、煎茶ヲ呑ンデ、ソノ身ノ楽トス。齢七句ニ余レドモ、厳寒ヲフセグ便リナク、薄衣ヲ着シテ、身ノ暖マル事ナシ。然トモ、是ヲウシトモ思ハズ、無学無智ニシテ、道理ニ通ジ、歌学ヲモツトメザレハ、歌ヲモヨムコトナク、此書ノ趣ノ如ク、僻言ヲカナシム。作スル書、オハヅカシ、茂妥ガ独言、僻言シラベナド云アリ。紫ノ一本、若紫、隠家百首、庄九郎物語モ、茂睡ガ作トイフ。
                    元禄十二巳卯年七月 従五位下源朝臣

〔畸人伝 五〕
歌書におきては、古より近世に及で、甚博識と見ゆ。書ざまは通じやすからんことをおもふゆゑにや、俗言にて、又くさぐしき所もあれど、其見所は、抜群のものなれば、志ある人はもとめて見るべし。

〔梨本集 序〕
何れの此よりか、歌の詞に制といふことを言出し、五点の詞、読むまじき詞、遠慮すべき詞、俊成の、好み読むべからずと宣ひし詞、定家の不庶幾と宣ひし詞、にくしと云詞、いとしからずと云詞、といひて詞に多く関をすゑて、人の越し難きやうに、道を狭くすることは、以ての外の邪道、歌の零廃すべき端かと思へども、歌の道不案内なるに、能き師もなければ、覚束なさに、此冊を思ひ立て、不審をかきしるすものなり。(中略)惣じてのこと、六条家の説をば、二条家よりいひやぶり、二条をば冷泉家よりそしり、其後には為世卿の門弟、為兼卿の門弟、為相卿の門弟と、各家々をたてんとて、他をそしり、我意地のまゝに、利口をたつるより、色々の僻言本出来たり。又は其師匠の物語に、たとへば、ほのべとと云五文字は、人丸の名家の五文字なり。然ば心得てよみ候へなどといはれたるを、その弟子覚書にして置、又は物語したるを、其訳をばしらず、読べからざる五文字と制せられしと云伝て、今はよまぬ事になり極まれり。つゝとまりの事を、法度なりと云は、たとへば、其家の仕置に、酒を呑むべからずと法度に立、物見すべからずとあるに同じ。此法度なければ、酒を過し、遊興にばかり耽りて、作法のあしくなるゆゑなり。然るに正月、又、五節句、祝言珍客にも、酒は家の法度なりとて出さず、正月の万歳、伊勢の太々神楽の太鼓打を見るなと、制する如くに、つゝとめをも云は、僻言と思へども、是非なし。(下略)
+史資料〈著作〉
+史資料〈碑文〉
+史資料〈その他〉
+辞書類古学, 国書, 和歌, 国史, 大事典, 名家
+和学者カード
-40345 国学関連人物データベース 36 1 CKP000005 戸田 茂睡 TODA MOSUI 戸田茂睡 TODA MOSUI , 6808 小伝 国伝 全 35936 2009/05/15 kouju108 2020/10/19 teshina 本登録 0 岡崎本多家に仕 男 トダ モスイ / TODA MOSUI / 男 とだ もすい,渡辺,八兵衛,茂右衛門,恭光,馮,露寒軒,梨本,隠家,不索橋,遺佚軒,不忘庵,最忍法師,茂妥,老茂,馮雲軒,憑雲寺,戒名]馮雲寺殿打山茂睡大居士 トダ モスイ 〔姓〕渡辺 【和】 〔称〕八兵衛・茂右衛門 【和】 〔名〕恭光 【国1】馮 【和】[戒名]馮雲寺殿打山茂睡大居士 【国1】 〔号〕露寒軒・梨本・隠家・不索橋 【国1】遺佚軒・不忘庵・最忍法師・茂妥・老茂・馮雲軒 【和】憑雲寺 【書】 〔姓〕渡辺 【和】
〔称〕八兵衛・茂右衛門 【和】
〔名〕恭光 【国1】馮 【和】
[戒名]馮雲寺殿打山茂睡大居士 【国1】
〔号〕露寒軒・梨本・隠家・不索橋 【国1】遺佚軒・不忘庵・最忍法師・茂妥・老茂・馮雲軒 【和】憑雲寺 【書】 43970 寛永6年<1629>5月19日 【書】 4月14 【国1】 宝永3年<1706>4月 14 【国1】 78歳 【国1】 1629 - 1706 駿河府中 【和】 江戸 【和】 浅草金龍寺(今ハ墓標ナシ) 【国1】 竹内惟庸・清水谷実業・山名玉山 竹内惟庸・清水谷実業・山名玉山 【書】 国伝1,国書人名辞典,和学者総覧.6808 〔古学 上〕
或書云(中略)梨本集ノ末ニ、元禄十一戊寅年五月日、露寒軒入道、梨本隠家撰之トアリ。其跋文ニ、此一冊ハ、梨本茂睡ガ作也。庵ノ前ニ、山梨木一本有シユエ、梨本トイフトゾ。乞食ノヤウニイヘドモ、此書ヲ見レバ、非人トモイハレズ。狂人カトイヘドモ、猥ナル行跡ナシ。常ニ筆ヲ友トシテ、煎茶ヲ呑ンデ、ソノ身ノ楽トス。齢七句ニ余レドモ、厳寒ヲフセグ便リナク、薄衣ヲ着シテ、身ノ暖マル事ナシ。然トモ、是ヲウシトモ思ハズ、無学無智ニシテ、道理ニ通ジ、歌学ヲモツトメザレハ、歌ヲモヨムコトナク、此書ノ趣ノ如ク、僻言ヲカナシム。作スル書、オハヅカシ、茂妥ガ独言、僻言シラベナド云アリ。紫ノ一本、若紫、隠家百首、庄九郎物語モ、茂睡ガ作トイフ。
                    元禄十二巳卯年七月 従五位下源朝臣

〔畸人伝 五〕
歌書におきては、古より近世に及で、甚博識と見ゆ。書ざまは通じやすからんことをおもふゆゑにや、俗言にて、又くさぐしき所もあれど、其見所は、抜群のものなれば、志ある人はもとめて見るべし。

〔梨本集 序〕
何れの此よりか、歌の詞に制といふことを言出し、五点の詞、読むまじき詞、遠慮すべき詞、俊成の、好み読むべからずと宣ひし詞、定家の不庶幾と宣ひし詞、にくしと云詞、いとしからずと云詞、といひて詞に多く関をすゑて、人の越し難きやうに、道を狭くすることは、以ての外の邪道、歌の零廃すべき端かと思へども、歌の道不案内なるに、能き師もなければ、覚束なさに、此冊を思ひ立て、不審をかきしるすものなり。(中略)惣じてのこと、六条家の説をば、二条家よりいひやぶり、二条をば冷泉家よりそしり、其後には為世卿の門弟、為兼卿の門弟、為相卿の門弟と、各家々をたてんとて、他をそしり、我意地のまゝに、利口をたつるより、色々の僻言本出来たり。又は其師匠の物語に、たとへば、ほのべとと云五文字は、人丸の名家の五文字なり。然ば心得てよみ候へなどといはれたるを、その弟子覚書にして置、又は物語したるを、其訳をばしらず、読べからざる五文字と制せられしと云伝て、今はよまぬ事になり極まれり。つゝとまりの事を、法度なりと云は、たとへば、其家の仕置に、酒を呑むべからずと法度に立、物見すべからずとあるに同じ。此法度なければ、酒を過し、遊興にばかり耽りて、作法のあしくなるゆゑなり。然るに正月、又、五節句、祝言珍客にも、酒は家の法度なりとて出さず、正月の万歳、伊勢の太々神楽の太鼓打を見るなと、制する如くに、つゝとめをも云は、僻言と思へども、是非なし。(下略) ・佐々木信綱 『戸田茂睡論』(竹柏會, 1913)[※後に、「戸田茂睡論・茂睡考解説」(『近世文芸研究叢書』第1期文学編17, クレス出版, 1995.11)所収]
・「戸田茂睡歌集」(国民図書株式会社編 『校註国歌大系』15, 講談社, 1976.10)
・野村八良 『國學全史』(上)(関書院, 昭和3)
・平野仁啓 「戸田茂睡の文学意識」(『日本文学』8-10, 1959.10)
・阿部秋生校注 「戸田茂睡 寛文五年文詞 梨本集序 梨本書」(日本思想大系39 『近世神道論 前期国学』, 岩波書店, 1972)
・上田賢治 「戸田茂睡」(『国学の研究―草創期の人と業績―』, 大明堂, 1981.9)
・蔵中しのぶ 「戸田茂睡―和歌革新の旗手―」(『国文学 解釈と鑑賞』61-3, 1996.3) 古学, 国書, 和歌, 国史, 大事典, 名家 〔近著 一〕和歌梨本集,おはづかし,茂妥かひとり言,僻言しらべ,庄九郎物語,紫の一もと,若むらさき,鳥の跡,隠家百首, 史資料

PageTop