やまひと

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名やまひと;山人
+項目名(旧かな)
+表記山人
TitleYamahito
テキスト内容仙人。聖武太上天皇が山科へ行幸した時に、臣下に歌で応えよといって「あしひきの山行きしかば山人の我に得しめし山づとそこれ」(20-4293)と詠んだ。これを受けて舎人親王が「あしひきの山に行きけむ山人の心も知らず山人や誰」(20-4294)と返している。山づとは山の土産品。山に行くと、山人が我に土産をくれたというのである。この山人は杣人(樵)などではなく、貴人を見抜いて迎えた者である。それは舎人親王の歌から知られる。親王は「山に行かれたという山人はどのような心なのかわかりません。山人とは誰のことですか。(本当はあなた様でしょう)」と問うように、聖武を山人、つまり仙人なのではないかと切り返しているのである。天皇を「現つ神」と称えていた時代に、天皇はまた仙人にも喩えられていたのである。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68949402009/07/06hoshino.seiji00DSG000775やまひと;山人Yamahito仙人。聖武太上天皇が山科へ行幸した時に、臣下に歌で応えよといって「あしひきの山行きしかば山人の我に得しめし山づとそこれ」(20-4293)と詠んだ。これを受けて舎人親王が「あしひきの山に行きけむ山人の心も知らず山人や誰」(20-4294)と返している。山づとは山の土産品。山に行くと、山人が我に土産をくれたというのである。この山人は杣人(樵)などではなく、貴人を見抜いて迎えた者である。それは舎人親王の歌から知られる。親王は「山に行かれたという山人はどのような心なのかわかりません。山人とは誰のことですか。(本当はあなた様でしょう)」と問うように、聖武を山人、つまり仙人なのではないかと切り返しているのである。天皇を「現つ神」と称えていた時代に、天皇はまた仙人にも喩えられていたのである。776やまひと山人辰巳正明や1

PageTop