やまにすむひと

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名やまにすむひと;山に住む人
+項目名(旧かな)
+表記山に住む人
TitleYamanisumuhito
テキスト内容仙人。忍壁皇子に献呈した歌に「仙人の形を詠めり」とあり「とこしへに夏冬行けや裘扇放たぬ山に住む人」(9-1682)と見える。仙人の形を詠んだというから、歌は題詠であることが知られるが、おそらくこの歌の詠まれた時に、皇子の近辺には仙人の人型が存在したのであろう。夏でも冬でも裘や扇をいつも身につけていて放つことがないというのは、その形態を見ていることにより発想されているものである。万葉集には神仙願望が見られるが、それは思想的側面からである。しかし、この歌によりすでに異国の新たな神である仙人が、人型を通して理解されていたことを知る。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68946402009/07/06hoshino.seiji00DSG000772やまにすむひと;山に住む人Yamanisumuhito仙人。忍壁皇子に献呈した歌に「仙人の形を詠めり」とあり「とこしへに夏冬行けや裘扇放たぬ山に住む人」(9-1682)と見える。仙人の形を詠んだというから、歌は題詠であることが知られるが、おそらくこの歌の詠まれた時に、皇子の近辺には仙人の人型が存在したのであろう。夏でも冬でも裘や扇をいつも身につけていて放つことがないというのは、その形態を見ていることにより発想されているものである。万葉集には神仙願望が見られるが、それは思想的側面からである。しかし、この歌によりすでに異国の新たな神である仙人が、人型を通して理解されていたことを知る。773やまにすむひと山に住む人辰巳正明や1

PageTop