むかぶす

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名むかぶす;向伏す
+項目名(旧かな)
+表記向伏す
TitleMukabusu
テキスト内容「天雲の 向伏す国」(3-443)「天雲の 向伏す極み」(5-800)「青雲の 向伏す国」(13-3329)などとみえる。「祝詞」祈年祭にも「白雲の墜り坐向伏限り」など、慣用句的に用いられていることが理解される。「ムカ」は、「向つ峰」(7-1099)など「向かい」を示し、「フス」は、横たわること。その果てまでが神の領域と考え、その領域が国土および国という観念を生み出した。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68917402009/07/06hoshino.seiji00DSG000743むかぶす;向伏すMukabusu「天雲の 向伏す国」(3-443)「天雲の 向伏す極み」(5-800)「青雲の 向伏す国」(13-3329)などとみえる。「祝詞」祈年祭にも「白雲の墜り坐向伏限り」など、慣用句的に用いられていることが理解される。「ムカ」は、「向つ峰」(7-1099)など「向かい」を示し、「フス」は、横たわること。その果てまでが神の領域と考え、その領域が国土および国という観念を生み出した。744むかぶす向伏す辰巳正明む1

PageTop