飛鳥寺大仏

ほとけ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名ほとけ;仏、三宝
+項目名(旧かな)
+表記仏、三宝
TitleHotoke
テキスト内容仏教における衆生救済者、仏陀のこと。後に、それが仏像として形象化され、西アジアから東アジアにかけて広く仏像が造られた。「仏作る ま朱たらずは 水溜まる 池田の朝臣が 鼻の上を掘れ」(16-3841)という歌がある。日本においては552(欽明天皇13)年に百済から聖明王が仏像と教典を献上し、以後、仏教派と拝仏派との争いがおこった。605(推古天皇13)年ころ止利仏師によって飛鳥に丈六の釈迦如来像が造られた。以後、日本では、鎮護国家の仏教が栄えた。
+執筆者加藤紗弥香
+参考文献
-68855402009/07/06hoshino.seiji00DSG000681ほとけ;仏、三宝Hotoke仏教における衆生救済者、仏陀のこと。後に、それが仏像として形象化され、西アジアから東アジアにかけて広く仏像が造られた。「仏作る ま朱たらずは 水溜まる 池田の朝臣が 鼻の上を掘れ」(16-3841)という歌がある。日本においては552(欽明天皇13)年に百済から聖明王が仏像と教典を献上し、以後、仏教派と拝仏派との争いがおこった。605(推古天皇13)年ころ止利仏師によって飛鳥に丈六の釈迦如来像が造られた。以後、日本では、鎮護国家の仏教が栄えた。682ほとけ仏、三宝加藤紗弥香ほ1

PageTop