ふしゅく

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名ふしゅく;巫祝
+項目名(旧かな)
+表記巫祝
TitleFushuku
テキスト内容万葉集の沈痾自哀文に「亀ト之門、巫祝之室、無不往問」とみえる。これは、「占い師や祈祷師の家を軒並み訪ねた」というもので、この場合の巫祝とは、神に仕えて祈祷を行う祈祷師のことである。中国では、「巫」は、女の神官のことで、神を祭り、神楽を奏して神慮をなだめ、また、神おろしをしたりする人のことである。「祝」は、男の神官のことで神主、禰宜に次ぐ官位で、祭祀などに従事した人のことである。
+執筆者宮本緑
+参考文献
-68835402009/07/06hoshino.seiji00DSG000661ふしゅく;巫祝Fushuku万葉集の沈痾自哀文に「亀ト之門、巫祝之室、無不往問」とみえる。これは、「占い師や祈祷師の家を軒並み訪ねた」というもので、この場合の巫祝とは、神に仕えて祈祷を行う祈祷師のことである。中国では、「巫」は、女の神官のことで、神を祭り、神楽を奏して神慮をなだめ、また、神おろしをしたりする人のことである。「祝」は、男の神官のことで神主、禰宜に次ぐ官位で、祭祀などに従事した人のことである。662ふしゅく巫祝宮本緑ふ1

PageTop