はつはる

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名はつはる;初春
+項目名(旧かな)
+表記初春
TitleHatsuharu
テキスト内容春の初め。新年。万葉集においては大伴家持だけが用いた2首。陰暦正月をいう漢語「初春」の翻訳語である。758(天平宝字2)年の春の正月3日に内裏で肆宴が行なわれた。その時に詠むためにあらかじめ作っておいたという歌に「初春の初子の今日の玉箒」(20-4493)とある。ここで「初春」は春のごく初め、正月のごく初めのこの日を指すために用いられている。また、万葉集の最後を飾る1首にも「新しき年の初めの初春」とよまれている。ここでは「新しき年の初めの」と冠されていることから、新年の初めの「初春」すなわち元旦を特に指し、慶事に慶事を重ねた表現となっていることが知られる。『懐風藻』では、初春に宴が開かれていたことがみえる。
+執筆者渡邊明子
+参考文献
-68796402009/07/06hoshino.seiji00DSG000622はつはる;初春Hatsuharu春の初め。新年。万葉集においては大伴家持だけが用いた2首。陰暦正月をいう漢語「初春」の翻訳語である。758(天平宝字2)年の春の正月3日に内裏で肆宴が行なわれた。その時に詠むためにあらかじめ作っておいたという歌に「初春の初子の今日の玉箒」(20-4493)とある。ここで「初春」は春のごく初め、正月のごく初めのこの日を指すために用いられている。また、万葉集の最後を飾る1首にも「新しき年の初めの初春」とよまれている。ここでは「新しき年の初めの」と冠されていることから、新年の初めの「初春」すなわち元旦を特に指し、慶事に慶事を重ねた表現となっていることが知られる。『懐風藻』では、初春に宴が開かれていたことがみえる。623はつはる初春渡邊明子は1

PageTop