にえのうら

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名にえのうら;にへのうら;贄の浦
+項目名(旧かな)にへのうら
+表記贄の浦
TitleNienoura
テキスト内容ニヘは稲などの早稲を神に最初に供えること。「にほ鳥の葛飾早稲を饗すともそのかなしきを外に立てめやも」(14-3386)とみえる。ニヘは天皇の貢物とであり、土地の物産、海産物、毛物などがその対象となった。贄の浦は遠江(現、静岡県)にあり、東国防人の歌に「遠江 志留波の礒と 贄(尓閉)の浦と 合ひてしあらば 言も通はむ」(20-4324)とみえる。遠江国の海岸の「志留波の礒」と呼ばれる磯の近くと考えられているが、所在地は未詳。 おそらく贄を産出する海は、各地にあったものと思われ、ここでの贄の浦は固有の名詞ではない。
+執筆者辰巳正明
+参考文献
-68775402009/07/06hoshino.seiji00DSG000601にえのうら;にへのうら;贄の浦Nienouraニヘは稲などの早稲を神に最初に供えること。「にほ鳥の葛飾早稲を饗すともそのかなしきを外に立てめやも」(14-3386)とみえる。ニヘは天皇の貢物とであり、土地の物産、海産物、毛物などがその対象となった。贄の浦は遠江(現、静岡県)にあり、東国防人の歌に「遠江 志留波の礒と 贄(尓閉)の浦と 合ひてしあらば 言も通はむ」(20-4324)とみえる。遠江国の海岸の「志留波の礒」と呼ばれる磯の近くと考えられているが、所在地は未詳。 おそらく贄を産出する海は、各地にあったものと思われ、ここでの贄の浦は固有の名詞ではない。602にえのうらにへのうら贄の浦辰巳正明に1

PageTop