にいも

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名にいも;にひも;新喪
+項目名(旧かな)にひも
+表記新喪
TitleNiimo
テキスト内容「喪」とは、人の死後親族が外との関係をたち、家にいて身をつつしんでいること。死者を追悼する儀礼。ニヒモは、人が亡くなった直後の喪を指し、万葉集では高橋虫麻呂の「菟原処女が墓を見る歌」の長歌に1例見られる。「遠き代に 語り継がむと 処女墓 中に造り置き 壮士墓 このもかのもに 造り置ける 故縁聞きて 知らねども 新喪のごとも 音泣きつるかも」(9-1809)と詠まれており、ここでは、菟原処女の伝説を聞くことで、遠い過去の話ではあるが、最近あった喪のように声をあげて泣いたのだと捉えられる。
+執筆者城﨑陽子
+参考文献
-68772402009/07/06hoshino.seiji00DSG000598にいも;にひも;新喪Niimo「喪」とは、人の死後親族が外との関係をたち、家にいて身をつつしんでいること。死者を追悼する儀礼。ニヒモは、人が亡くなった直後の喪を指し、万葉集では高橋虫麻呂の「菟原処女が墓を見る歌」の長歌に1例見られる。「遠き代に 語り継がむと 処女墓 中に造り置き 壮士墓 このもかのもに 造り置ける 故縁聞きて 知らねども 新喪のごとも 音泣きつるかも」(9-1809)と詠まれており、ここでは、菟原処女の伝説を聞くことで、遠い過去の話ではあるが、最近あった喪のように声をあげて泣いたのだと捉えられる。599にいもにひも新喪城﨑陽子に1

PageTop