なのりそ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名なのりそ;名乗藻・名告藻・莫告藻・勿謂藻
+項目名(旧かな)
+表記名乗藻・名告藻・莫告藻・勿謂藻
TitleNanoriso
テキスト内容ホンダワラ。褐藻類のホンダワラ科の海藻のこと。紀の允恭天皇11年春正月に時人が、「浜藻(はまも)」を「奈能利曽毛(なのりそも)」と名づけたことから、「なのりそ」の呼称が生まれた。その「なのりそ」という呼び名から、集中に見られる16例は、すべて相聞歌に詠み込まれ「なのりそ」を「名告りそ」であると解し「告げてはならない」という禁止の意味に掛けられている。なお現行の民俗行事では、ナノリソを「穂俵(ホンダワラ)」にあてている。ホンダワラは、その実が米俵に似ていることから豊作に通じる縁起物とされ、正月飾りに利用されている。宮城県の塩釜神社では、毎年7月4日から6日の3日間、「藻塩焼神事」が行なわれる。海藻を焼いて塩をとるこの神事で「なのりそ(ホンダワラ)」が使用されていることが知られる。
+執筆者城﨑陽子
+参考文献
-68766402009/07/06hoshino.seiji00DSG000592なのりそ;名乗藻・名告藻・莫告藻・勿謂藻Nanorisoホンダワラ。褐藻類のホンダワラ科の海藻のこと。紀の允恭天皇11年春正月に時人が、「浜藻(はまも)」を「奈能利曽毛(なのりそも)」と名づけたことから、「なのりそ」の呼称が生まれた。その「なのりそ」という呼び名から、集中に見られる16例は、すべて相聞歌に詠み込まれ「なのりそ」を「名告りそ」であると解し「告げてはならない」という禁止の意味に掛けられている。なお現行の民俗行事では、ナノリソを「穂俵(ホンダワラ)」にあてている。ホンダワラは、その実が米俵に似ていることから豊作に通じる縁起物とされ、正月飾りに利用されている。宮城県の塩釜神社では、毎年7月4日から6日の3日間、「藻塩焼神事」が行なわれる。海藻を焼いて塩をとるこの神事で「なのりそ(ホンダワラ)」が使用されていることが知られる。593なのりそ名乗藻・名告藻・莫告藻・勿謂藻城﨑陽子な1

PageTop