たまなのおとめ

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名たまなのおとめ;たまなのをとめ;珠名の娘子
+項目名(旧かな)たまなのをとめ
+表記珠名の娘子
TitleTamananootome
テキスト内容上総の周淮という土地の女性。高橋虫麻呂の「上総の末の珠名娘子を詠む一首」(9-1738)にみえる。珠名の容姿は、胸が広く腰の細いスガル蜂のような美しい少女で、花のように笑って立つと、道を行く人は呼びもしないのに珠名の門にやってきたり、隣人は妻と別れて、家の鍵まで与えるほどであった。それゆえ珠名は美貌を鼻にかけてみだらな行為にふけっていた、と歌われている。反歌でも、金門に人がやって来て立つと、珠名は夜中でもわが身をかえりみず出て逢ったことだ、という(9-1739)。このような珠名という女性は、土地のよく知られた芸能者であったと思われ、よく歌い、よく舞う芸をもっていた女性であろう。その源は、巫女にあり、その流れが遊行女婦と呼ばれる芸能者である。珠名は、遊行せずに周淮の地に定着している遊芸の婦で、人々はこの女性にあこがれ、日々遊楽した。珠名は、そうした婦女の中でも美しく、また芸にすぐれていた女性であったに違いない。
+執筆者曹咏梅
+参考文献
-68682402009/07/06hoshino.seiji00DSG000508たまなのおとめ;たまなのをとめ;珠名の娘子Tamananootome上総の周淮という土地の女性。高橋虫麻呂の「上総の末の珠名娘子を詠む一首」(9-1738)にみえる。珠名の容姿は、胸が広く腰の細いスガル蜂のような美しい少女で、花のように笑って立つと、道を行く人は呼びもしないのに珠名の門にやってきたり、隣人は妻と別れて、家の鍵まで与えるほどであった。それゆえ珠名は美貌を鼻にかけてみだらな行為にふけっていた、と歌われている。反歌でも、金門に人がやって来て立つと、珠名は夜中でもわが身をかえりみず出て逢ったことだ、という(9-1739)。このような珠名という女性は、土地のよく知られた芸能者であったと思われ、よく歌い、よく舞う芸をもっていた女性であろう。その源は、巫女にあり、その流れが遊行女婦と呼ばれる芸能者である。珠名は、遊行せずに周淮の地に定着している遊芸の婦で、人々はこの女性にあこがれ、日々遊楽した。珠名は、そうした婦女の中でも美しく、また芸にすぐれていた女性であったに違いない。509たまなのおとめたまなのをとめ珠名の娘子曹咏梅た1

PageTop