たけとりのおきな

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名たけとりのおきな;竹取の翁
+項目名(旧かな)
+表記竹取の翁
TitleTaketorinookina
テキスト内容野山に入って竹を取り、細工を施すことを生業としている老人。階層的には下層民に属するが、下層民ゆえに異世界の不思議な存在と接触しうるという発想が存在したものと見え、『竹取物語』においても、異世界から来たかぐや姫を発見する役として登場する。かぐや姫を主人公とする物語が『竹取物語』と呼ばれるのも、竹取の翁が持つ不思議な世界をたぐり寄せる力ゆえであろう。万葉集には、巻16に竹取の翁と9人の仙女が歌ったとされる歌が載せられている。3月のとある日に翁が丘に登って望見していると、9人の仙女に出会い、仙女たちにからかわれて、歌を歌う。仙女たちは翁の歌に感動し、翁に心を寄せるという筋立てで、後の竹取物語のストーリーとは全く関係しないが、竹取の翁が不思議な存在と接触するという要素だけは共通している。同様の発想は、同じく下層民であった海人(漁師)が海神の世界に赴く「浦嶋子」の伝説にも見られる。
+執筆者大浦誠士
+参考文献
-68659402009/07/06hoshino.seiji00DSG000485たけとりのおきな;竹取の翁Taketorinookina野山に入って竹を取り、細工を施すことを生業としている老人。階層的には下層民に属するが、下層民ゆえに異世界の不思議な存在と接触しうるという発想が存在したものと見え、『竹取物語』においても、異世界から来たかぐや姫を発見する役として登場する。かぐや姫を主人公とする物語が『竹取物語』と呼ばれるのも、竹取の翁が持つ不思議な世界をたぐり寄せる力ゆえであろう。万葉集には、巻16に竹取の翁と9人の仙女が歌ったとされる歌が載せられている。3月のとある日に翁が丘に登って望見していると、9人の仙女に出会い、仙女たちにからかわれて、歌を歌う。仙女たちは翁の歌に感動し、翁に心を寄せるという筋立てで、後の竹取物語のストーリーとは全く関係しないが、竹取の翁が不思議な存在と接触するという要素だけは共通している。同様の発想は、同じく下層民であった海人(漁師)が海神の世界に赴く「浦嶋子」の伝説にも見られる。486たけとりのおきな竹取の翁大浦誠士た1

PageTop