せんもん

大分類万葉神事語辞典
分野分類 CB文学
文化財分類 CB学術データベース
資料形式 CBテキストデータベース
+項目名せんもん;泉門
+項目名(旧かな)
+表記泉門
TitleSenmon
テキスト内容黄泉の入口にある門。また、墳墓の入口とも。紀では、黄泉平坂を塞ぐ岩を「泉門塞之大神」(神代巻上)。記では「黄泉戸大神」と呼ぶことから、「泉門」は黄泉との境であることが理解できる。万葉集では憶良の「日本挽歌」の前に配される悼亡詩序は、「泉門一たび掩ぢて、再び見む由もなし。嗚呼哀しきかも」で結び、黄泉の門が一度閉じられてしまえば、再び妻を見るすべはないと、その悲しみを述べる。ここでは生と死を完全に隔つのが泉門であり、閉ざされた泉門を詠むことで妻との永遠の別離を表わし、その嘆きを導いている。
+執筆者荒木優也
+参考文献
-68638402009/07/06hoshino.seiji00DSG000464せんもん;泉門Senmon黄泉の入口にある門。また、墳墓の入口とも。紀では、黄泉平坂を塞ぐ岩を「泉門塞之大神」(神代巻上)。記では「黄泉戸大神」と呼ぶことから、「泉門」は黄泉との境であることが理解できる。万葉集では憶良の「日本挽歌」の前に配される悼亡詩序は、「泉門一たび掩ぢて、再び見む由もなし。嗚呼哀しきかも」で結び、黄泉の門が一度閉じられてしまえば、再び妻を見るすべはないと、その悲しみを述べる。ここでは生と死を完全に隔つのが泉門であり、閉ざされた泉門を詠むことで妻との永遠の別離を表わし、その嘆きを導いている。465せんもん泉門荒木優也せ1

PageTop